実は産婦人科だからできる女性薄毛の対処方法とは?

女性薄毛になったら、頭皮のことなのでまずは皮膚科と決め付ける必要はありません。 「産婦人科に行く」という選択肢もあるのです。なぜ女性薄毛の場合は産婦人科に行くのもよいのでしょうか? 婦人科だからこそできる薄毛治療とは何ですか?まずは婦人科に行くのがよい理由、それは、女性薄毛の原因の多くは女性ホルモンのバランスが崩れだからです。 女性ホルモンの専門家は「皮膚科」ではなく「産婦人科」です。

婦人科ではまずホルモンの検査を受けると、その結果に驚く人も少なくありません。 薄毛になっている人の多くは「男性ホルモンが以上に多い」という結果が出る人は少なくありません。もしそういう結果が出たならば、婦人科ならではの処方をしてくれます。 それはなんですか?

「ピル」です。

避妊薬として有名なピルですけれども、ピルというのは女性ホルモンでできています。 女性ホルモンを摂取することによりいつも妊娠した状態にしておき避妊するという原理ですが、女性ホルモン摂取により女性薄毛の症状が軽くなったということもよく聞かれます。

途中で自由に止められないのが嫌なら月定額増毛

増毛は最初に髪を結びつければおしまいというものではありません。 ふさふさした髪の毛を保つには、定期的なメンテナンスが必要です。 でも、長期契約だと自由に止められないので嫌だという人には、月定額制の増毛プランも便利ですよ。

月定額制のメリットは、引越しや転勤などでサロンに通えなくなるかもしれないという人にも便利です。 通うのに都合が悪くなった月に解約しても、解約手数料などはかかりません。 途中で止められないのは怖いという人にも、安心して使えるプランですね。

ただし、月定額プランでも月々支払う料金以外に掛かる料金があります。 まずは最初に増毛するときの人工毛と技術料金として、まとまった初期費用がかかります。

月額以外にも、技術料金やオプション料金は別料金の場合があるので、よく契約内容を確認しましょう。 どの月でも止められないということはありませんが、初期費用が掛かっているだけに早い時期の解約は少々勿体ない気がしますね。

世の中には増毛以外でも植毛という手段があります。薬を飲んで生えさせる手段だけではないということですね。もう治療で昔のようにフサフサにするのは無理だと感じるのであれば、増毛や植毛などの手段を検討してみるのも良いでしょう。

ちょっと待ってそのヘアワックスが薄毛の原因では

かつては女性のアイテムだったヘアワックスは、いまでは男性にとってもマストアイテムとなっているのではないでしょうか。 とくに、ここだけの話ですが、薄毛を気にされる方にとっては、薄い部分を隠し目立たなくさせるためにヘアワックスは欠かせないものかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください。 薄毛を隠そうと使っているヘアワックス、果たしてそれは頭皮に優しいものでしょうか。 ヘアワックス自体が抜け毛の原因になってしまっているのではないでしょうか。直接的ではなくても、間接的に抜け毛を増やす原因になっている可能性もあります。

残念ながら、市販のほぼ100%といっていいほどの整髪料に、「合成界面活性剤」が使われています。 合成界面活性剤には、付けすぎると薄毛を促進する可能性、またはシャンプーしても洗い流すことが難しく、頭皮に残ってしまう可能性が高く、頭皮に悪影響を与えかねないといわれています。 頭皮に残ったヘアワックスが、髪の毛に栄養を妨げてしまうこともあるのです。

いまお使いのヘアワックスがなくなって、次回購入するときには、頭皮に優しいヘアワックスということをキーに選ばれてはいかかでしょうか。天然もののヘアワックスはセット力が乏しいという意見もありますが、実際個人的な意見としても弱い気はします。その辺は少しデメリットかなぁって思いますね。

ごまで健康対策とm字禿げ対策の一石二鳥って本当

m字禿げ、はげだしたら、とまらない。 どんなシャンプーをつかっても、育毛剤を使ってもなんの効果がない! そんなm字禿げでお悩みの方、いいものがあるんです。誰でもとても簡単に手にいれることができ、日本人の食事に欠かせないもの、なんだかわかりますか。

それは「ごま」です。 ごまに含まれる「セサミン」という成分は、エジングの原因である、活性酸素を除去する抗酸化成分なのです。 ですから、ごまを食べることにより、わたしたちのからだの老化を防ぎ、心身ともに若々しく保つことができるのです。 心身というのは、この薄毛、m字禿げももちろん含まれます。 頭皮を若々しく保つことで、抜け毛の防止もできるというのです。

ただ、ごまというと硬いからに包まれていますので、そのままですとなかなか体に吸収されることがありません。 そこで、サプリメントという形で摂取することをおすすめします。薄毛に効くという以外に、ごまは栄養価の高い食材としても有名ですので、これで健康対策に薄毛対策に一石二鳥ですね!

AGA改善のための生活習慣ー血行促進効果のあるもの

AGAを改善するために心がけたい生活習慣の見直しー一つは必要な栄養素の摂取、そしてもう一つは血行促進です。 髪は毛乳頭が栄養素をエネルギー源にして毛母細胞によって細胞分裂を繰り返し成長していくのですが、毛乳頭にまで栄養素を届けるのが血液の役割だからです。 つまり血行が悪いと速やかに髪に栄養素を送ることができないのです。

血行を良くする生活習慣の一つとして、ストレスを溜めないということが挙げられます。 強いストレスを慢性的に受けていると、自律神経のバラスが狂い、血管を収縮させ血行を悪くしてしまいます。 従って定期的にストレスを解消させる方法を生活の中に取り入れましょう。 ストレス解消に運動の習慣を作るのも効果的です。 軽い運動それ自体も血行を促進するからです。

またお酒の飲みすぎやタバコといった生活習慣はAGA治療の大敵です。 特にタバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあるため、やはり血行不良になってしまいます。 せっかくAGAの治療に高い費用をかけていても、こういった育毛に悪い生活習慣を続けていると、その効果は半減してしまうでしょう。

タバコって止めるのは大変ですが、自分の場合は会社で喫煙者の30代、40代の上司がかなりの確率でハゲている事実を目の当たりにして、20代のころに辞めることを決意しました。喫煙=ハゲではないですが、その因果関係は直接的、間接的に大きく影響していると考えています。タバコを吸う人は食生活も健康を意識していないケースなども多いですからね。

AGAの検査キット体験談について

最近、AGAになりやすいかどうかがわかる検査キットがあるらしいです。 結構勇気要りますけど、病院で直に言われるよりはいいかもしれないですよね。 わかったところで結局病院に行かなきゃいけないのは変わらないし。 でも気になったので、市販のキットと病院の検査で何が違うのか色々調べてみました。 いろいろ体験談とか出てきたので、皆やっぱり興味あるんですね。

この記事は、僕がネットで調べたことをまとめただけです。 僕自身は実際にやってないので、レポが見たい人は他の人の体験談のほうがアテになりますよ。 先に言っておきます(笑)

まず、市販されているキットでは「今自分がAGAなのかどうかはわからない」そうです。 あくまで遺伝子的に「AGAになりやすいか?」がわかるだけらしいです。 情報が手に入るのはありがたいですけど、何かあんまり意味がないような……。 でも、安いので「可能性があるかどうか」だけわかればいい、って人なら試す価値はあります。 あと、経験談ではAGAに使う薬が効きやすいかどうかがわかるっていう人もいました。

病院の検査は「今」AGAになっているかどうかがわかります。 もちろん薬も処方してもらえますし、髪の手入れに関するアドバイスももらえます。 その代わり、キットと比べて値段がすごく高いです。この理由は保険が効かない「自由診療」だからです。 エステとかインプラントとかと同じなんですね。 だけど、体験談だとあんまりこういうこと書いてないんですよね……結構大事なことなのに。